コンピュータシミュレーション

安全で確実なインプラント治療のために

本当に抜歯が必要かどうかの診断。最適な矯正歯科治療のための診査・診断。そして、安全・確実なインプラント治療のために…CT撮影やコンピュータ・シミュレーションは必要不可欠なツールです。
特にインプラント治療においては、手術前にインプラント埋入部位の骨の状態を正確に診断できるため、フラップレス(無切開)手術という「歯肉をメスで切らない」最新の手術法も選択できるようになりました。

CT撮影とコンピュータ・シミュレーション

CT撮影

従来のレントゲンによる診査・診断では、実際の骨幅や神経までの距離などが正確にわかりませんでした。結果的に治療計画や手術は、担当医の経験に基づく勘や感覚に頼るしかありませんでした。
現在では、ほとんどの症例においてCT撮影を行うため、抜歯の判断や歯列矯正の方法、インプラントの治療計画などを正確に行うことができるようになりました。さらに専用のCT画像診断ソフトを活用することによって、3次元的にインプラントポジションをシミュレーションしたり、フラップレスによるインプラント治療まで可能になりました。

コンピュータ・シミュレーション

当院のCTについて

フラップレス(無切開)手術

フラップレス(無切開)手術

フラップレス術式によるインプラント治療とは、CTによる精密検査やコンピュータ・シミュレーションによって最適なインプラントポジションを確定し、確実にそのポジションにインプラントを埋入するための手術用テンプレートを作製することによって、「歯肉をメスで切ったり、大きく剥離することなく」インプラント埋入手術を可能にすることができる患者さんにとってメリットの大きい最新のインプラント治療法です。
従来のインプラント埋入手術のように歯肉を切らないため、出血や術後の腫れ、痛みなどを大幅に軽減することができ、縫合や抜糸といった処置も必要ないため、手術時間や治療回数も短縮できます。

フラップレス手術について

グラフトレス・コンセプト

グラフトレス・コンセプト

従来では「骨造成」や「骨移植」が必要とされていた症例においても、CT撮影とコンピュータ・シミュレーションによって、既存骨を最大限に活用できるグラフトレス・コンセプトにもとづいたインプラント治療が可能になります。このような最新の治療法は「治療期間の短縮」「治療費の低減」「手術による身体的負担の軽減」など患者さんにとって大きなメリットがあります。

オールオンフォーによる即日治療

オールオンフォー

歯をすべて失った方のインプラント治療は、インプラント手術の後、もとの総義歯を使用するため、約3ヶ月間は苦痛で、しっかり噛めないというものでした。これはインプラント(総チタン)と顎骨が完全に結合するまでに必要な期間を十分待ってから歯を固定するという治療法で、ほとんどの歯科医院はこの方法でインプラント治療を行っています。
オールオンフォーによるインプラント治療は、特殊な術式によって初期安定性が優れているため、インプラント手術当日に固定性のブリッジを装着することが可能になりました。その結果、噛む機能や審美性を手術当日に回復することができることから、患者さんにとって快適で満足度の高い治療法として世界中に広まりつつあります。

オールオンフォーについて
ご相談はお気軽に!
「治療費のことをもっと知りたい」「治療期間はどの位?」「インプラントの保証期間は?」など…歯科に関するご質問はどんな些細なことでもお尋ねください。
患者さまお1人お1人にしっかり向き合わせて頂き、アドバイスさせて頂きます。
メールで相談 カウンセリング予約
お電話で相談・カウンセリング 0467-85-9070

^