2つの治療スタンス

当院には 2つのインプラント治療スタンスがあります。

治療スタンスA:アイデアル(理想的)

(1) より良い位置にインプラントを埋入

(2) 骨造成 歯肉・粘膜処置を積極的に行う。

(3) 高い審美性・清掃性の獲得が可能。

(4) 相対的に治療期間が長く・費用負担が大きい。

(5) ケースにより骨造成・歯肉粘膜形成の専門医と連携 

(6) より慎重なケア指導とプロフェッショナルケアを提供 

治療スタンスB:MI(最小限の侵襲による治療)

(1) 骨造成を極力避ける

・リスク回避(処置数が増えるとリスクが高まる)
・ショートインプラントの応用
・前歯部は必要最小限の付加処置(マイナーGBR)で対応

(2)治癒済部位に埋入

・予知性の確保(残存骨へのインプラント埋入は予知性が高い)
・費用削減(付加処置費用がない)

(3)ブリッジタイプ

・3歯欠損以上ではブリッジタイプを提案
・費用削減

(4)総義歯への対応

・即時荷重を目標とし必要最小数のインプラントで対応
(上4~6本 下4本・費用削減効果)
・歯肉付きのブリッジで対応(骨造成の回避)
・オペ後の不快症状の軽減(仮歯をすぐ入れる)
・メンテナンスの簡便化(本数が少ないほど楽)

(5)相対的に治療期間が短く費用負担が小さい

(6)清掃性がおちるケースもあるがプロフェショナルケアで対応

当院では A・B双方のインプラント治療の選択が可能です。貴方はどちらを希望されますか?

なお すべてのケースにおいて的確なトラブル対応を実践するため上部構造(人工歯)はスクリューリテイン(取り外し可能式)を推奨しています。

治療スタンス

ご相談はお気軽に!
「治療費のことをもっと知りたい」「治療期間はどの位?」「インプラントの保証期間は?」など…歯科に関するご質問はどんな些細なことでもお尋ねください。
患者さまお1人お1人にしっかり向き合わせて頂き、アドバイスさせて頂きます。
メールで相談 カウンセリング予約
お電話で相談・カウンセリング 0467-85-9070

^