医療費控除について

医療費控除とは

みなさん、歯科治療の治療費が医療費控除の対象になることをご存知でしょうか?
1年間で高額の医療費を払った場合(原則的には10万円以上支払った人)は確定申告をすれば税金が戻ってきます。 結構知られてないみたいなので、歯科治療をされる際には是非参考にして申告してください。

年間10万円以上の医療費は税金の還付、軽減の対象

本人および生計を同じにする配偶者、その他の親族の医療費(毎年1/1から12/31までの分)を支払った場合には翌年3月15日までに申告すると医療費控除が適用され税金が還付または軽減されます。
ただし、年間お支払いになった医療費が10万円以上でなければ対象となりません。(※)
(申告額は200万円が限度です)

※所得合計額が200万円までの方は所得合計額の5%以上医療費がかかった場合申告できます。

申告期限をお忘れなく!

※同一生計の家族・親族の医療費をまとめて申告できます。
※2月16日及び3月15日が休日等の場合、期間が前後することがあります。
※医療費控除によって税金が還付される場合は、翌年の1月1日から申告することが出来ます。

医療費控除の活用方法

(1) 医療費控除の対象となる範囲

・医療費控除の対象となる医療費とは次の通りです。
・医師、歯科医師に支払った診療費又は治療費
・保険外の歯の治療費、保険治療の窓口負担などの一切
・人間ドッグに入って、重大な疾病が発見され、引続き治療を要する場合は人間ドッグの費用を含む
 
(人間ドッグのみは対象になりません)
・治療、療養のための医薬品の購入費
・病院や診療所、助産所へ支払った入院費、入所費(出産の費用を含む)
・治療のために、あんま、マッサージ、はり師、指圧師、きゅう師、柔道整復師に支払った施術費
・保健婦や看護士に療養上の世話を受けた費用
・病人の面倒を見るために雇った付添人などの費用
・通院のための交通費、入院の部屋代や食事代の費用
・医療機器の購入代や貸借料の費用
・義手、義足、松葉づえ、補聴器、義歯などの購入のための費用詳しくは、最寄の税務署にお尋ね下さい。

(2) 医療費控除の医療費控除の計算方法

医療費控除として控除を受けられる金額は次のように計算します。

支払った医療費-保険金等での補填金額-(総所得金額等×5%又は10万円のいずれか低い額)
医療費控除額
※医療費控除額が200万円を超えるときは200万円が上限です。

例)
支払った医療費 210万円
保険金等での補填金 0万円
その人の所得金額 500万円

500万円×5%25万円
10万円25万円より低いので、210万円10万円200万円
200万円200万円だから、200万円が医療費控除額となります。

注1) 支払った医療費というのは、その年に実際に支払った医療費の合計額で、未払い分は含まれません。
注2) 保険金等での補填金とは
・健康保険で本人が支出した医療費を補填するための給付金(分べん費など)
・損害保険で傷害費用保険や医療保険の医療費の補填を目的としたもの
・損害補償金を受けとるとき、精神的・財産損害に対する賠償とともに、事故によるケガの医療費の補填を賠償する部分
・任意の互助組織から医療費の補填を目的として、給付金の支払を受ける場合である

もっと詳しく知りたい方はお近くの税務署もしくは、国税庁のホームページをご覧になることお勧めします。

ご相談はお気軽に!
「治療費のことをもっと知りたい」「治療期間はどの位?」「インプラントの保証期間は?」など…歯科に関するご質問はどんな些細なことでもお尋ねください。
患者さまお1人お1人にしっかり向き合わせて頂き、アドバイスさせて頂きます。
メールで相談 カウンセリング予約
お電話で相談・カウンセリング 0467-85-9070

^