高嶋歯科医院の小児歯科

[当院は、強制的な治療は行っておりません。号泣したり・暴れたりするお子様には対応できかねますので、ご了承下さい]

高嶋歯科医院の小児歯科
歯科医院に行くのを嫌がるお子さんは多く、好きだというお子さんを探す方が難しいのではないでしょうか。高嶋歯科医院では来院することは怖いことではなく、楽しいことだと感じてもらうことを大切にし、お子さんが怖がらなくてもすむような優しい対応を心掛けています。
子供の、食生活やきちんとした歯磨きは大人にしか管理できません。
大人が正しい知識と実行力を持っていれば、まず虫歯にはならないのです。

乳歯が生えたら……

乳歯が生えたら……

乳歯が生えてきたら、まずは歯医者さんに行かれることをお勧めします。
小児歯科は、お子様の歯の健康維持には欠かすことができません。子どもの歯は虫歯になりやすく、お口の中の環境も大人に比べると虫歯に侵されやすい条件を備えています。
乳歯は発育期の成長にかかわるだけでなく、永久歯に影響し一生の健康を左右します。

乳歯の役割

乳歯の役割

フッ素を使った虫歯予防

フッ素とは

フッ素は自然界に広く分布している自然元素の1つで、海・山・川、そしてすべての動植物などに存在しています。
私たちが食べる身近な食品では、さかな・じゃがいも・にんじん・海草・牛乳などにも含まれています。
歯質を強化する効力が最も高いことから、世界各国で虫歯予防に利用されています。

なぜフッ素は歯にいいの?

フッ素は、歯を強化したり、虫歯に負けない歯をつくる働きがあります。

なぜフッ素は歯にいいの?

(1)虫歯の抑制
フッ素の抗菌作用によって虫歯菌の働きを抑え、酸の産生を抑制させます。

(2)歯質を強化する
フッ素が歯に取り込まれるとエナメル質が強化され酸に溶けにくい歯になります。

(3)初期虫歯を修復
フッ素は、虫歯になりかかった歯から溶け出したカルシウムなどが、再び歯の表面に戻ろうとする再石灰化を助け歯の修復を促進します。

フッ素塗布

フッ素塗布

フッ素がより効果を発揮するのは永久歯が生えてきた時期の歯です。
生えたての歯にフッ素によるケアを行うことで、より効率的なむし歯予防につながります。
3~6ヶ月間隔でフッ素塗布をすることにより、より効果的に歯を強くすることができます。

フッ素入り歯磨き

フッ素入り歯磨き

歯の表面のエナメル質が溶け始め、歯の表面が黒くなります痛みはほとんど感じませんが放っておくと虫歯が進行する状態です。
毎日の歯磨きでフッ素入りの歯磨き粉を使用して歯そのものを丈夫にし、虫歯を防ぎます。

その他の虫歯予防

シーラント

シーラント

シーラントは、虫歯になりやすい奥歯の溝にシーラント材を流し光を当てて固め、溝をふさいでしまう方法です。
歯を削る必要がありませんので、小さいお子様にも安心して使用できます。
シーラントは生えたての奥歯にもっとも有効ですのでだいたい6歳~7歳、11歳~13歳ごろが最も適切な時期と言えます。

ご相談はお気軽に!
「治療費のことをもっと知りたい」「治療期間はどの位?」「インプラントの保証期間は?」など…歯科に関するご質問はどんな些細なことでもお尋ねください。
患者さまお1人お1人にしっかり向き合わせて頂き、アドバイスさせて頂きます。
メールで相談 カウンセリング予約
お電話で相談・カウンセリング 0467-85-9070

^