セラミックス治療|【公式】茅ヶ崎など湘南でインプラントをお考えなら、高嶋歯科医院

高嶋歯科医院

MENU

セラミックス治療

セラミックス治療

セラミックス治療

健康的に美しく輝く白い歯を取り戻すためにセラミックス治療は欠かすことのできない治療法です。 今までは特に目立つ前歯の歯の一部分または全体が失われた場合に、このセラミックス治療を受ける方が多くいらっしゃいましたが、 現在では、奥歯の詰め物でも白くしたいという方や金属アレルギーによって金属製の詰め物や冠が使用できない患者さまも増えてきました。

セラミックス治療の種類と特徴

1.ハイブリッドセラミックス

ハイブリッドセラミックスは、セラミックとプラスチックの中間の性質を持った材料で、 フィラーという基質を高濃度に含んでいるため強度的にはプラスチックより強くなっています。 ハイブリッドセラミックスは、金属を使用しない(メタルフリーの)治療が可能で、透明感がある自然な仕上がりになります。

2.メタルボンド

メタルボンドは、プラチナ等の金属の上にセラミックを焼き付けて作製されます。 セラミックは耐久性や強度に優れ、変色しないというメリットがありますが、 金属を使用しているため経年的に歯肉と歯の間が暗く見えたり、全体の透明感を出しにくい素材でもあります。

3.オールセラミックス

オールセラミックスは、金属を使わないメタルフリーの材質です。 オールセラミックスでの歯は、きれいで明るく全体の透明感も優れているため、天然歯と見分けがつかないくらい美しい仕上がりになります。 当院では、適合性や強度、審美性、生体親和性の観点から、株式会社デンタルアクトのCAD/CAMを使用しています。

4.ラミネートベニア

ラミネートベニアとは薄いシェル状のセラミック(つけ爪のようなもの)を歯に貼りつける治療法です。 従来のセラミックス治療では、歯の全体を大きく削り取る場合もありましたが、ラミネートベニアは歯の表面を0.5~0.7mm程度削るだけで治療可能です。 そのため麻酔もほとんどの場合必要なく痛みも伴いません。 ホワイトニングで希望通りの歯の白さにならなかった場合もこの治療法で対応します。