インプラント治療について|【公式】茅ヶ崎など湘南でインプラントをお考えなら、高嶋歯科医院

高嶋歯科医院

MENU

インプラント治療について

インプラント治療について

当院では、インプラント治療において可能な限りリスクを取り除き、 永続性を担保するため インプラント体、アバットメント、その他部品類はすべてメーカー純正品を使用し、 なおかつ選び抜いた技工所で作製して患者さまに提供していることを、ここに自信を持って表記いたします。  

院長 高嶋芸樹

歯を失ったときの治療法

インプラントを知る前に、歯を失ってしまった時の治療法を知っておきましょう。 現在の歯科治療では、歯を失った時の治療法は大きく分けると以下の3つとなります

(1)ブリッジ

健康保険でも治療でき、費用をかければ審美性も高くなります。また、固定式なので違和感が少ないです。 しかし、周囲の健康な歯を削る必要があり、削った歯が虫歯や歯周病になる可能性が高くなります。支台歯に大きな負担がかかり、噛み心地が悪く、発音がうまくできず顎の骨がやせてくる場合があります。

(2)入れ歯

健康保険でも治療ができ、比較的簡単に治療が受けられます。 費用をかければ審美性も高く、しっかりしたものができますが、噛み心地が悪く、発音がうまくできず、顎の骨がやせてくる場合があります。

(3)インプラント

周りの歯を傷つけることなく、基本的に違和感もなく、自分の歯と同じような感覚で噛むことができます。インプラントが顎の骨に力を加えるので、顎の骨がやせるのを防ぎ、審美性が高いです。 しかし、保険が適用されず、治療期間が長くかかります。 また、顎の骨の量が足りない方は骨を作る手術が必要です。

インプラントの構造

上部構造(人工歯)

実際に見える歯の部分です。白いセラミックの被せ物で、天然の歯と同じような光沢感があります。 この部分だけをはずして掃除をしたり、交換したりできる仕組みにすることも可能です。

支台装置(アバットメント)

インプラント体(フィクスチャー)の上に取りつけられる部分で、セラミッククラウン等の上部構造を支える役割を果たします。 通常チタンかチタン合金製ですが、審美性に優れたセラミック製のものもあります。

インプラント体(フィクスチャー)

直接、骨の中に埋められる部分で、チタンで作られています。 チタンは、非常に生体親和性が高いため、金属アレルギーの方も心配することなくインプラント治療が受けられます。

天然歯と同等に回復させることができる唯一の歯科治療法

インプラント治療は、一度失ってしまった大切な歯を機能的・審美的に天然歯と同等に改善させることができる唯一の歯科治療法です。 現在のインプラント治療は、科学的に実証された治療法として、全世界で数千万人の患者さまに治療が行われており、 現代の歯科治療に欠かすことのできない治療法として認知されていると、当院では考えています。 高嶋歯科医院では、様々な治療システムによる精密検査や細かい診断を元に、より良い治療計画を立案し、 インプラント治療の研鑚を積んだ歯科医師が治療を行っております。 一般的には骨量の不足から非適応症とされている難症例でも対応可能な場合がありますので、まずはお気軽にご相談ください。 さらに、患者さまの精神的・経済的・時間的負担を極力軽減できるようなインプラント治療システムを導入して、 より多くの患者さまに適する治療をご提供できるよう努力しています。

常に最新のインプラント治療を提供します

現在のインプラント治療は、過去のインプラント治療における問題点についての原因解明が進み、 治療法の改善や治療器具、診断システム、インプラントの材質や形状が進化したことによってさらに成功率が高くなっています。 そして、インプラント開発当初の目的であった咀嚼(そしゃく)機能を中心とした咬合機能の改善はもちろん、 現在では審美性の改善にも重点がおかれる傾向にあります。さらに、抜歯後すぐにインプラントを埋入する術式や、 インプラント治療後即時あるいは早期に噛めるようになる術式など、患者さまの負担をできる限り減少させる治療法が生み出されています。 当院では、院長自ら海外研修や国内の歯科学会に参加し、患者さまにより良いインプラント治療を提供させていただいています。